散歩道の季節の花写真
by 子猫
最新のコメント
おはようございます、 ..
by cynchia at 08:26
トサミズキとサンシュユの..
by shizenkaze at 23:39
トサミズキやサンシュユに..
by h6928 at 22:28
★ tenpousen6..
by koneko3y at 22:03
★ cynchia さん..
by koneko3y at 22:02
★ none33 さんへ..
by koneko3y at 22:01
★asayannjさんへ..
by koneko3y at 21:58
★ tomiete3 さ..
by koneko3y at 21:55
★ rindou02 さ..
by koneko3y at 21:54
★nenemu8921さ..
by koneko3y at 21:52
カテゴリ
↓「子猫の写真館」
私のブログとHP
「子猫の迷い道」

「子猫の迷い道Ⅱ」

「子猫の散歩道」

「子猫のかくれんぼ」
「子猫の自習室」
HP「子猫の季節花巡り」
  
  
子猫のデジブック
  〈削除済みです)


掲示板:子猫の季節

素材借りてます
リンク









・・・・・
以前の記事
タグ
検索
ファン
ブログジャンル
2018年 12月 15日
平林寺の紅葉その2
・ 大河内松平家廟所 ・
 平林寺は今から約650年前、岩槻(埼玉県)に岩槻城主太田道真(道灌の父)が創建しました。
その後、江戸前期に川越城主、松平信綱・輝綱父子によって現在の埼玉県新座市野火止の地に移され、大河内松平家歴代の廟所となりました。一寺に一大名の墓がこれだけ残っているのは、全国でもあまり例がないそうです。
e0255509_1957509.jpg
e0255509_1958342.jpg
 
 松平信綱は、徳川家光・家綱の二代にわたって老中をつとめた江戸時代の大名です。父は大河内久綱。叔父である松平正綱の養子となり、松平姓を称し、幼少の頃より才知に富み、官職から「知恵伊豆」と称され、島原の乱鎮圧や明暦の大火後の江戸復興などで活躍しました。家光・家綱時代を支えた名老中でした(HPより)。
e0255509_1959024.jpg
e0255509_19592583.jpg
e0255509_19595146.jpg
 杉と石燈籠が立ち並ぶ厳かな廟所参道は神聖なもので普段は通行できません。正式な参拝の時のみ使用されるそうです。木製の扉の上から写しました。
e0255509_2022820.jpg
 ここに来るといつも石燈籠の小さな穴から向こうを写しています。今回も又同じように写してきました。
e0255509_2033069.jpg
e0255509_204589.jpg
e0255509_2042565.jpg
e0255509_2043729.jpg
e0255509_2045761.jpg
e0255509_2055494.jpg
e0255509_2061547.jpg
e0255509_207145.jpg
e0255509_2073951.jpg
 もみじ山はモミジの本数は多いですが細い木ばかりです。
e0255509_207538.jpg
e0255509_208664.jpg
 放生池にはニシキゴイがたくさん泳いでいました。
e0255509_209512.jpg
奥に見える岩状のものは「さざれ石」です。島根県出雲の仏教山の産出とか。さざれ石とは「小さな石が沢山寄り集って大きな岩になった石です。」
e0255509_2092967.jpg
 長い間紅葉巡りに付き合っていただきありがとうございました。当初予定していた場所は回り切れませんでしたが、今年最後に最高の紅葉風景を見られて良かったです。




 
by koneko3y | 2018-12-15 20:23 | Comments(14)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 14日
平林寺の紅葉その1
・ 平林寺の紅葉 ・
 今年の秋は、初めての場所も含めてこれまで以上各所の紅葉を楽しみました。
自宅周辺はまだまだ紅葉が見られ、年が明けても見られると思いますので、散歩のついでに写すことはありますが、わざわざ出かけての紅葉狩りはこの埼玉県新座市の平林寺で最後にします。
とても綺麗な時期に行くことができたので、2回に分けさせていただきます。
e0255509_20164210.jpg
平林寺は禪修行の専門道場です。山門に掲げられた「凌霄閣」の意味は霄(空)を凌ぐ、空よりも遥かに高い志の意味だそうです。厳しい修業をやり抜く心構えを表します。
e0255509_2028417.jpg
e0255509_20292550.jpg
e0255509_20295449.jpg
 今年は台風の影響もあってか、境内林の散策路がかなり変更となり、いつも見られる風景が見られなかったりしました。でも、紅葉はこれまで訪れた中では一番綺麗だったのではなかったかと思います。
e0255509_20321443.jpg
e0255509_20322958.jpg
中から多くの僧侶の読経が聞こえていました。近づけないので垣根の隙間から写しました。
e0255509_20343994.jpg
境内は落ち葉が敷き詰めたようで感動的な美しさでした。
e0255509_2036682.jpg
e0255509_20362466.jpg
e0255509_20363761.jpg
e0255509_20365572.jpg
カエデの枝の太さを見ていただきたいと思います。
e0255509_20373916.jpg


順序が逆になりましたが、惣門は通行量の多い通りに面しています。横断歩道を渡って、正面から写しました。
e0255509_20391169.jpg
e0255509_20401827.jpg
入り口から入るとトップの写真、山門が見えます。
e0255509_20403471.jpg
山門の間から向こうに見える建物は仏殿です。
e0255509_2041166.jpg
平林寺境内は雑木林としては国内唯一の指定天然記念物です。現在東京ドーム9個分がその範囲になっています。平成26年より、この雑木林を維持し後世に伝えて行くための保全事業を始めています。国内でも例のない15年間の大事業だそうです。

平林寺の帰り、門前の「睡足軒の森」の紅葉も美しいので見たかったのですが、行くのが遅すぎました。2018年12月1日から2019年3月31日まで整備工事の為休園となっていました。せめて紅葉が終わってからにしてもらいたかったです。ライトアップも綺麗だったことでしょう。
敷地は国指定天然記念物・平林寺境内林の一部ですが、新座市に無償貸与されており、事実上の市営で、こちらは入園料無料です。

次回はここではお決まりの、石燈籠の穴から覗いた紅葉も見て下さい。




 
by koneko3y | 2018-12-14 21:02 | Comments(8)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 13日
東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)でお庭を鑑賞
・ 東京都庭園美術館(旧朝香宮邸 ・
 池田山公園からの帰り、駅への途中になる東京都庭園美術館のお庭も見ました。
東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)はアール・デコ様式が美しい旧朝香宮邸を活用した美術館です。
重要文化財の邸宅空間の中で行われる展覧会は、展示品のみならず、見事な室内装飾も楽しめるのですが、今回は庭園のみを見学することにしました。都心にあって緑豊かで、「都会のオアシス」です。日本庭園は紅葉に彩られ、日本的な情緒と西洋建築の邸宅との対比も美しいです。
東京都庭園美術館は時々行く自然教育園と隣り合わせにあります。
e0255509_2195048.jpg
e0255509_2110727.jpg
3年間の改修工事を経て2014.11月にリニューアルオープンしました。いつも時間切れでまだ入館した事がないので、いつかはこの玄関から入館して建物内部と、展覧会を鑑賞したいと思っています。
e0255509_21161198.jpg


日本庭園
朝香宮邸時代から引き継がれている庭園です。築山と池を備え、起伏に富んだ景観となっています。茶室「光華」があり和の情緒にあふれています。
e0255509_21175025.jpg
e0255509_21182027.jpg
e0255509_2119638.jpg
e0255509_21193343.jpg
e0255509_21194881.jpg
e0255509_2120476.jpg
e0255509_21201637.jpg

西洋庭園
往時は宮内省の官舎がありましたが、その後庭園となり美術館に引き継がれました。
春にはワシントン桜が楽しめるそうです。
e0255509_21215934.jpg
e0255509_21222018.jpg
e0255509_21231947.jpg


新館の近くにあった灯籠
e0255509_21241375.jpg
寛げるスペースもありました。
e0255509_21245181.jpg
大きなイチョウの木の下では楽しそうに遊ぶ子供達。
e0255509_21254311.jpg
e0255509_2125568.jpg




 
by koneko3y | 2018-12-13 21:31 | Comments(10)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 12日
池田山公園の紅葉風景
・ 池田山公園 ・
 皇后陛下美智子さまのご実家跡の「ねむの木の庭」の近くに、池田山公園があります。
この付近は、高台になっています。江戸時代初期に備前国岡山藩池田家の下屋敷となり次第に「池田山」と呼ばれるようになりました。大正時代末期から次第に宅地として開発され、都内でも有数の高級住宅地として知られています。

何度か訪れましたが、紅葉の時期は初めてです。起伏に富んだ地形を生かし高台から池をのぞき見るような形に造られた池泉回遊式庭園です。
e0255509_20455176.jpg
e0255509_20461055.jpg
e0255509_20462955.jpg
e0255509_2047748.jpg
e0255509_20472975.jpg
e0255509_20474553.jpg
e0255509_2048316.jpg
e0255509_20481885.jpg

 
霊峰富士山からの「気」が流れる龍脈上に位置し園内の滝や池は浄化効果が高いと言われる等、近年はパワースポットとしても注目されているそうです。
e0255509_20492411.jpg
e0255509_20494689.jpg
e0255509_2050380.jpg
e0255509_20502650.jpg
e0255509_20504162.jpg
e0255509_20505759.jpg

やっぱり花嫁さん一行もいました。
e0255509_20512516.jpg
池田山公園と言うよりも、「池田山庭園」の名前が合うような気がしました。




 
by koneko3y | 2018-12-12 20:58 | Comments(12)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 10日
向山庭園の紅葉
・ 向山庭園の紅葉 ・
 先週金曜日に短時間出かけましたが、それ以外はここ一週間ばかり、出かけていないので向山庭園の写真も少し前になります。練馬区のとしまえんの近くに小規模の和風庭園があることは知っていましたが、見に行ったのは初めてです。

 向山庭園は、東京都練馬区の都営大江戸線の豊島園駅から5分ほどの場所で、としまえんの隣りです。敷地は昭和4年鉄道大臣江木翼の邸宅となっていましたが、戦後練馬区が購入し庭園整備されました。東日本大震災で損傷を受けたので一旦閉園して大改修が行われ、平成25年に再開園しました。
e0255509_20343987.jpg
茶室や純和風の建物が建てられており、茶・華道、俳句、碁、将棋など、芸術・文化活動の場としてご活用でき、区民の憩いの場となっています。
e0255509_20374460.jpg
e0255509_20425024.jpg
e0255509_20381223.jpg
ひょうたん型の池は練馬城の濠跡と言われています。
e0255509_20392452.jpg
e0255509_20395686.jpg
e0255509_2040265.jpg
遅い七五三を祝う親子がいました。
e0255509_204139.jpg
e0255509_20413377.jpg
e0255509_20414975.jpg
e0255509_2042989.jpg
e0255509_2043968.jpg
e0255509_20432238.jpg
e0255509_20435049.jpg
e0255509_20433795.jpg
e0255509_2044871.jpg




 
by koneko3y | 2018-12-10 20:49 | Comments(9)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 09日
大泉町もみじ山公園と、散歩道でネリネとカエデ
・ 大泉もみじ山公園 ・
 以前一度行った事のある大泉もみじ山公園に行って見ました。展望台もありますが、茂っている樹木で何も見えません。葉がすっかり落ちたら富士山も見えることがあるそうです。
駐車場がないのでバスで行きました。

入り口の階段を登ったところにジュウガツサクラが咲いていました。
e0255509_20491518.jpg
階段を登り切ったところが公園でした。立っていると全体が見渡せる小さな公園です。
e0255509_20541637.jpg
e0255509_20543153.jpg
e0255509_20544653.jpg
猫が日向ぼっこしていて、お揃いの洋服を着た子供たちが近付いて行きましたが、全く動じません。
e0255509_20555839.jpg
芝生広場でハクセキレイを見ました。
e0255509_20564679.jpg
e0255509_20571175.jpg
e0255509_20572810.jpg


いつもの散歩コースで写した写真も見て下さい。
・ ネリネ ・
e0255509_20581855.jpg
e0255509_20583062.jpg
e0255509_20584231.jpg

この公園の紅葉は遅く、まだ色が浅い公園のカエデですが、一部は綺麗です。
e0255509_210935.jpg
e0255509_2102692.jpg
e0255509_2104434.jpg
e0255509_2105730.jpg




 
by koneko3y | 2018-12-09 21:03 | Comments(12)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 08日
小石川後楽園大泉水のカモたち
・ マガモ ・
 小石川後楽園の記事は昨日で終わりにしようと思ったのですが、名前が判別できないカモがいたので、今日も小石川後楽園での写真を見ていただき教えていただけたらと思います。
e0255509_20185332.jpg
e0255509_20193534.jpg
e0255509_20194876.jpg

・ カイツブリ ・
e0255509_20203722.jpg
e0255509_20205457.jpg

これより下は、私にはあまりなじみのないカモたちです。
・ オカヨシガモ ・と教えていただきました。
e0255509_2022662.jpg
e0255509_20222218.jpg
e0255509_2022422.jpg

カルガモのようなそうではないような・・・
e0255509_20232086.jpg
e0255509_2023347.jpg


・ ムラサキシキブ ・
 コムラサキかもしれませんが、この時期はよくわかりません。
e0255509_20245637.jpg

紅葉の写真も
e0255509_20252490.jpg
e0255509_20253852.jpg
e0255509_20255867.jpg
赤い葉ばかり見ていたら、緑の葉がとても目に優しく綺麗に見えました。
e0255509_20263661.jpg




 
by koneko3y | 2018-12-08 20:29 | Comments(16)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 07日
小石川後楽園の紅葉と、カワセミ
・ 小石川後楽園 ・
 見ごろが急にやってきたように思えて、何カ所かを掛け持ちで出かけていましたが、ブログに載せるのが限られるので、小石川後楽園の紅葉を見てから1週間経ちました。出かけた時間帯も良かったのか撮影した紅葉が綺麗でした。

渡月橋
e0255509_2104877.jpg
昭和27年3月、文化財保護法によって特別史跡及び特別名勝に指定されています。特別史跡と特別名勝の重複指定を受けているのは、都立庭園では浜離宮恩賜庭園と当園の二つだけです。ちなみに全国では京都市の鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)、醍醐寺三宝院、奈良県の平城京左京三条ニ坊宮跡、広島県の厳島、岩手県の毛越寺庭園、福井県の一乗谷朝倉氏庭園を合わせ9ヶ所だけだそうです。

小石川後楽園の特徴として、随所に中国の名所の名前をつけた景観を配したり、各地の景勝を模した湖・山・川・田園などの景観が巧みに表現されています。

西湖の堤
e0255509_2181985.jpg

円月橋
e0255509_2191144.jpg

大堰川の紅葉
e0255509_21103241.jpg
e0255509_2111350.jpg
e0255509_2111312.jpg
e0255509_21115488.jpg

神田上水跡
e0255509_21131014.jpg

e0255509_2113542.jpg

涵徳亭
e0255509_21142576.jpg

大泉水
e0255509_2114572.jpg

大泉水にある屏風岩にカワセミがやってきました。
左半分は写したまま、右半分は同じ写真から切り取ってまとめてみました。
e0255509_2116491.jpg
e0255509_2118156.jpg
e0255509_21181539.jpg
下の写真だけ右半分の2枚の写真はコンパクトカメラで写したままの大きさのカワセミです。
e0255509_21183480.jpg

ニホンスイセンもちらほら咲きだしていました。
e0255509_211912.jpg




 
by koneko3y | 2018-12-07 21:22 | Comments(10)
コメントはお気軽に♪
2018年 12月 05日
肥後細川庭園「秋の紅葉ライトアップ-ひごあかり-」
・ 秋の紅葉ライトアップ-ひごあかり ・
 日本庭園のライトアップとともに、旧熊本藩ゆかりの地である縁から、熊本地震の復興支援として熊本の竹あかりによる照明と熊本観光のPRが行われました。この事業は、東京都・公財東京観光財団の「秋のライトアップモデル事業費助成金」を活用して、11/23~12/2日まで「秋の紅葉ライトアップ ~ひごあかり~」が開催されました。 熊本藩・細川家下屋敷の面影を残す/「肥後細川庭園」を舞台に、紅葉と建物のライトアップに加え、竹のオブジェが灯りをともすライトアップイベントで 今年で3回目の開催になります。
e0255509_19491449.jpg
e0255509_19493875.jpg
e0255509_1950318.jpg
e0255509_19501645.jpg
e0255509_19504713.jpg
e0255509_1951281.jpg
雪見灯籠
e0255509_19513154.jpg
e0255509_19515188.jpg
関口台町小学校の児童による熊本地震の復興応援イラストの灯火カップも灯されました。
e0255509_1953084.jpg
e0255509_19531617.jpg
e0255509_19533426.jpg
e0255509_19535012.jpg

この竹あかりのデザインのCHIKAKEN 三城賢士 ( 竹あかりプロデューサー)さん。
竹に穴を開けてあかり(ろうそくやLED)を灯す「竹あかり」の演出家によりデザインです。熊本を拠点に、全国各地で灯す「竹あかり」で、その土地にしかない“ 風景” や“ 物語” を創りつづけてきているそうです。昨年の紅白歌合戦で氷川きよしの舞台で使われたとか。
e0255509_19572117.jpg
e0255509_19574022.jpg
e0255509_19575690.jpg
e0255509_19581470.jpg
e0255509_19582738.jpg
e0255509_19584046.jpg




 
by koneko3y | 2018-12-05 20:10 | イベント | Comments(18)
コメントはお気軽に♪