散歩道の季節の花写真
by 子猫
最新のコメント
サフランとクロッカス、似..
by rindou02 at 00:21
ツワブキの花の黄色は蝶達..
by shizenkaze at 23:18
★ tenpousen6..
by koneko3y at 21:16
★ none33 さんへ..
by koneko3y at 21:14
★ kawa1210 さ..
by koneko3y at 21:11
★ shizenkaze..
by koneko3y at 21:09
★Hsrolayqqさん..
by koneko3y at 21:07
★ h6928 さんへ ..
by koneko3y at 21:06
★ usatyu4 さん..
by koneko3y at 21:03
今日ラジオを聞いていたら..
by tenpousen6 at 17:44
カテゴリ
↓「子猫の写真館」
私のブログとHP
「子猫の迷い道」

「子猫の迷い道Ⅱ」

「子猫の散歩道」

「子猫のかくれんぼ」
「子猫の自習室」
HP「子猫の季節花巡り」
  
  
子猫のデジブック

掲示板:子猫の季節
子猫宛メール

素材借りてます
リンク









・・・・・
以前の記事
タグ
検索
ファン
ブログジャンル
2018年 11月 09日
皇居東御苑のバラ園と、赤い実
東御苑には、小規模ですが薔薇園もあります。日本や中国の野生のバラが植えられています。多くは御所近くのお庭から移植したものだそうです。
・ イザヨイ(十六夜ばら) ・
 大変花弁が多いのですが、完全な円形にはならず一部が微妙に欠けることから「十六夜」の名が付けられました。自立型の横張りの樹で樹高は低く、返り咲きがあります。病害虫の被害もほとんどない丈夫な品種です。完全に自立し、木質化するため誘引等ではなくそのまま自然樹形で育てるのが良いそうです。
e0255509_20363590.jpg

・ コウシンバラ ・
 中国原産です。渡来は古く、観賞用に栽培されました。春から秋にかけ、枝先に紅紫色または淡紅色の花を少数個ずつつけます。花は一重または八重で、長期間咲きます。
e0255509_20384741.jpg
e0255509_2039359.jpg

・ ナイチンゲール ・
 フローレンス・ナイチンゲール国際基金発足75周年を記念して作られたバラが献上され、両陛下が平成21年(2009)にお手植えになりました。
e0255509_20415441.jpg

・ ノゾミ ・
 澄んだ桜色の一重花が大変可憐で美しく、匍匐気味に伸びます
e0255509_20423710.jpg

・ ハマナス ・
e0255509_20431265.jpg

・ テリハノイバラの実 ・
e0255509_2044291.jpg


その他、東御苑内で写した花や木の実です。
・ ジュウガツサクラ ・
e0255509_20445918.jpg

・ ボケ ・
e0255509_20453415.jpg

・ ガマズミ ・
e0255509_20461652.jpg

・ ミヤマガマズミ ・
e0255509_20464513.jpg

・ シロダモ ・
e0255509_20472138.jpg

・ モッコク ・
e0255509_20475599.jpg


・ 石垣 ・
 昨日の記事で「石垣」に興味を持って下さった方がいらっしゃったので、少しだけ写してあったので見てください。

天守台
e0255509_20492866.jpg
e0255509_20494454.jpg

中の門跡
e0255509_20502493.jpg

下の石垣はどの部分を写したのかよく覚えていないのですが・・・。記号に見えるようなものがあちらこちらに彫られていました。
e0255509_2052687.jpg
 今日、皇居の植物などをアップしたのは意識したわけではありませんでしたが、今日は両陛下平成最後の園遊会が東京・元赤坂の赤坂御苑で開催されました。良いお天気だったら良かったのに、寒かったですね。来年は春も秋も開催されない見通しだそうです。




 
by koneko3y | 2018-11-09 20:57 | Comments(16)
コメントはお気軽に♪
2018年 11月 08日
皇居東御苑でツバキやコブハクチョウなどいろいろ
・ 椿・秋一番 ・
 東御苑では10月中旬にはこの「秋一番」という品種が咲いていました。
ピンク色も白色の花も同じ木で咲いていました。
e0255509_20213273.jpg
e0255509_20215012.jpg
e0255509_20221479.jpg
 やっぱりホシホウジャクがここにもいました。
e0255509_20225359.jpg

・ オトコヨウゾメ ・
 名前が落ちてしまったのが名札がありませんでした。
これはオトコヨウゾメだと思うのですが、どうでしょう。
e0255509_20252270.jpg
e0255509_20253778.jpg

  *****~~~~~*****~~~~~*****~~~~~******


東御苑に入る時は私の場合は大手門から入ります。左に進むと大手門があります。
お濠にコブハクチョウがいました。
e0255509_20551911.jpg
e0255509_20294565.jpg
e0255509_20301052.jpg
e0255509_20302127.jpg

大手門
東御苑内に入る時には警備員により手荷物のチェックがあり、受付でプレートを渡されます。帰りにプレートを返却して退出します。
e0255509_20305594.jpg
 
富士見櫓
e0255509_20313433.jpg

北詰橋門
帰りも大手門から出るので、この北詰橋門は苑内からの撮影です。
e0255509_2033061.jpg

白鳥濠の石垣
e0255509_203325100.jpg

桜田門
信任状捧呈式の馬車列を見に行くときには桜田門から入ります。
e0255509_20342265.jpg

帰りお濠沿いに歩いていた時に石垣からお濠に伸びている松の枝にアオサギがいました。
e0255509_203625.jpg




 
by koneko3y | 2018-11-08 20:55 | 季節の花便り | Comments(18)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 27日
和田倉噴水公園の風景
・ 和田倉噴水公園で ・
 和田倉噴水公園ではかなり前に見たきり、噴水があがっているのを長い間見ていませんでした。止めているのかと思っていたのですが、先日2回目の皇居での信任状捧呈式の馬車列を見たあと、東京駅に向かっている時に横断歩道の手前で、噴水があがっているのが見えたので、青信号に変わってから大急ぎで渡りましたが、タイミングを合わせたかのように終わってしまいました。

木々の間に見えるのは皇居の巽櫓です。この巽櫓を背にして信号待ちしていました。
e0255509_20424583.jpg
 噴水が終わってしまい、静かな池です。
左側に見えるのは休憩所(情報コーナー、レストハウス)です。
e0255509_20465112.jpg
 和田倉噴水公園は、昭和36年に今上天皇の御結婚を記念して創建された大噴水を、平成5年6月の皇太子殿下徳仁親王と雅子妃殿下の御結婚を機に、「継続と新たな発展」をテーマに再整備し、平成7年6月に完成しました。大噴水と新噴水公園の施設の一部は、民間資金により整備され、寄附されたものだそうです。
e0255509_20524016.jpg
 噴水が噴き上がっていた時間がちょうど15時くらいだったので、30分くらいしたら再度噴き上がるのかもと思って待つことにしました。30分待っても始まらずもう30分経っても吹き上がらなかったらあきらめようと思って待つことさらに30分。

新たに整備された噴水に動きがありました。
噴水などの各施設のデザインテーマもご紹介します(一般財団法人公園協会のHPより拝借)

球体噴水・・・水が形づくる球体。
それは地球、それは心。生きとし、生けるものの永遠の営みを表します。
e0255509_2058194.jpg
e0255509_2114263.jpg
滝(源流)・・・息吹。
荘厳に流れ落ちる水は、あふれ出る生命の息吹。夢、希望、そして躍動へのプロローグを表現しています。
e0255509_20594545.jpg
架け橋・・・希望
新たな地平へ、未知の世界へ。輝くガラスの橋は今日から明日への夢を育む希望の架け橋を意味します。
e0255509_211097.jpg
せせらぎ(流水)・・・予感
時に激しく、時にたおやかに悠久のときを刻む流れは、やがて到着する未知への世界へ大いなる予感を抱き未来へと進みます。
e0255509_2121177.jpg
1時間待って、やっと大噴水が動き出しました。
大噴水・・・再生
鏡のような水面の静、ほとばしる水の動。再生された大噴水は、今を映し、歴史を語ります。
e0255509_214258.jpg
e0255509_2143015.jpg
e0255509_2145954.jpg
e0255509_2152415.jpg
e0255509_2155046.jpg
e0255509_2161536.jpg
噴水の高さは8.5mほどだそうです。
e0255509_2162972.jpg
背景はパレスホテルです。
e0255509_216599.jpg
e0255509_217211.jpg
 信任状捧呈式の馬車列の思い描いた構図は写したかなと思っていたのですが、この噴水の水面を見ているうちに、映りこむ背景の行幸通りを通る馬車列を写せるような気がしてきました。もう一度くらいチャレンジしてみたくなりました。次回はいつかな・・・・。
e0255509_21141120.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-27 21:32 | Comments(14)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 23日
和田倉門守衛所跡と、日比谷公園のバラなど
・ 和田倉門守衛所跡 ・
 東京駅丸の内口から皇居に向かって広い行幸通りを歩いていくと、目に入るのが、この和田倉門守衛所跡です。いつ建てられたのか調べましたが、明治とか昭和とか詳細はわかりませんでした。
 馬場崎濠と日比谷濠の境をまたぐ橋のたもとにある三角屋根の建物が「和田倉門守衛所跡」です。対になっています。重厚感があります。
e0255509_20523620.jpg
e0255509_2053575.jpg
e0255509_20532592.jpg
e0255509_2054051.jpg
e0255509_20541657.jpg


・ チェリーガーデン(旧日比谷公園管理事務所) ・
 旧日比谷公園管理事務所は、日本最初の様式公園だった日比谷公園の管理事務所として、明治4年に建てられました。昭和51年に公苑資料館として使用するために内部を改装したそうですが、外観の変更はわずかで旧態をとどめているそうです。様式の日比谷公園にふさわしいように設計されたドイツ・バンガロー風の瀟洒な建物は明治期の数少ない近代洋風建築のひとつとして貴重なものだそうです。

現在は結婚式場としても使われています。
e0255509_212152.jpg
e0255509_2122758.jpg
e0255509_2124723.jpg
e0255509_213881.jpg


・ 日比谷公園のバラ ・
 上京して仕事仲間の友達と二人で初めて日比谷公園に連れて行ってもらいました。右も左もわからないおのぼりさんでした。その時日比谷公園の綺麗さと、バラに感動したことは〇十年も経っているのに、ついこの前のようです。
e0255509_2181181.jpg
e0255509_2182681.jpg
e0255509_2184354.jpg
e0255509_2185733.jpg
e0255509_2191314.jpg
e0255509_2192829.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-23 21:12 | 季節の花便り | Comments(16)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 22日
川越まつり山車行事
・ 川越まつり ・
 10月20日、21日に開催された川越まつりは「川越氷川神社の山車行事として平成17年2月、国の重要無形民俗文化財に指定され、平成28年12月「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。川越には調べて見ると山車が29基あるようなのですが、今年は19基巡行しました。
e0255509_20221230.jpg
 駅から続く商店街のクレアモールは、混雑するので、う回路を使いましたが、本川越駅に着く前からものすごい人出で、これまでの経験上では一番の混みようでした。電線が埋設されている蔵造の町並みを背景にすっきり写したかったので人の流れについて行ったつもりが、本川越駅でもう身動きができない状態になりました。
 
 やっとのことで蔵造の町並みの入り口に着いた時には身動きさえできない状態になってしまい、前にも後にも横にも移動できず、山車が動いた時にやっとのことで脱出して、それより先に進むのは諦めました。

人垣の中から背伸びして、手を上に伸ばしてやっと写した写真なので、見苦しいと思いますが、雰囲気だけでも感じていただけたらと思います。
e0255509_20235216.jpg
e0255509_20244266.jpg
e0255509_2024553.jpg
e0255509_20253559.jpg
e0255509_20254847.jpg
e0255509_20261798.jpg
e0255509_20263024.jpg
e0255509_2026454.jpg
e0255509_20271698.jpg
e0255509_20274242.jpg
e0255509_2028131.jpg
e0255509_202829100.jpg
e0255509_20285155.jpg
e0255509_2029397.jpg
 暗くなると提灯を下げて夜の曳っかわせでまつりも最高潮に盛り上がりますが、とてもそこまでの元気はありません。
e0255509_20344838.jpg
 帰りの駅に向かう時にどしどしと祭り会場にやってくる人たちは、人にもまれてどこまで進めるかしらと思い気の毒になりました。
e0255509_20391977.jpg
 駅近くの複合施設の入り口で17時のからくり時計は「川越まつりの山車」仕様になっていました。祭囃子に送られて、ほうほうのていで帰宅しました。
e0255509_20342812.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-22 20:43 | イベント | Comments(20)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 12日
皇居へ信任状捧呈式の儀装馬車列を見に行きました
・ 儀装馬車列 ・
 10月10日に皇居で「信任状捧呈式」があり、儀装馬車列が出るので見に行きました。見に行ったのは昨年の12月以来ですが、時々あります。前回とは季節が違うので、違う背景がとれるかと思って出かけました。
e0255509_21135359.jpg
 皇居の正門から入るのでまず二重橋のところで待機しました。
e0255509_21151398.jpg
 1回目のモンゴルの大使が皇居に入る時は見逃したので、出てくるのを待っていると奥の橋「正門鉄橋」から姿が見えました。
e0255509_2116484.jpg
 しばらくして手前の橋「正門石橋」から馬車列が出てきました。
e0255509_21175977.jpg
下の写真はクリックすると大きくなります。
e0255509_21184341.jpg
e0255509_2124922.jpg

2回目はノルウェーの大使の馬車列が東京駅から出発してきます。
e0255509_2122840.jpg
真ん中あたりをトリミングしてみたら、馬車列の準備が整っているようでした。立ち入り禁止になっているので正面からは写せませんので、どこが良いかと歩いて探しました。
e0255509_21231130.jpg
e0255509_21263188.jpg
e0255509_21264741.jpg
下3枚の写真はクリックで大きくなります。
e0255509_2128566.jpg
e0255509_2130388.jpg
 「信任状捧呈式」が終わると、東京駅までお送りします。行幸通りの銀杏並木も色づき始めました。
e0255509_21315086.jpg
e0255509_2133474.jpg
e0255509_21312645.jpg


信任状捧呈式とは、新任の外国の特命全権大使が信任状を天皇陛下に捧呈する儀式です。
大使一行の皇居への送迎に際しては,大使の希望により、皇室用の自動車か馬車が提供されています。たいていの大使は馬車を希望されるそうです。

信任状捧呈式は結構見る機会が多いです。次回の日程を紹介します。
平成30年10月18日(木) 午前10時05分頃(1回目)・午前10時30分頃(2回目)
 (時刻は皇居前広場通過予定時刻)
(参考)信任状捧呈式馬車列経路
(往路)東京駅→行幸通り・和田倉門交差点(直進)→皇居外苑→皇居正門→宮殿南車寄
(復路)宮殿南車寄→皇居正門→皇居外苑→和田倉門交差点(直進)・行幸通り→東京駅

ご覧になりたい方は是非。




 
by koneko3y | 2018-10-12 21:39 | Comments(12)
コメントはお気軽に♪
2018年 09月 21日
川越の仙波氷川神社のヒガンバナ
・ 仙波氷川神社のヒガンバナ ・
 今日は、この時期とは思えないとても寒い一日でした。雨が降り続いています。
少し前に川越市の仙波氷川神社のヒガンバナを見てきました。大宮氷川神社を総本社とする仙波氷川神社は、川越市の中心地から離れ、国道16号線が真裏を走っていますが、とても静かな境内でした。
e0255509_18532695.jpg
e0255509_18534565.jpg
e0255509_18535985.jpg
e0255509_18541662.jpg
e0255509_18545374.jpg
e0255509_18551818.jpg
e0255509_18555096.jpg
e0255509_1856678.jpg
e0255509_18562115.jpg
e0255509_18563975.jpg
e0255509_18565120.jpg
e0255509_21335236.jpg
e0255509_18571691.jpg
 川越まつりで披露される仙波町の山車「仙波二郎安家」の保管庫がありました。
e0255509_18582949.jpg

稲荷神社や、奥には遊具がいくつかあり、近隣の憩いの場になっているようでした。
e0255509_193493.jpg




 
by koneko3y | 2018-09-21 20:40 | 季節の花便り | Comments(12)
コメントはお気軽に♪
2018年 08月 22日
オオスカシバ、浜離宮恩賜庭園に咲く花
・ 浜離宮恩賜庭園で④ ・
 長々と浜離宮恩賜庭園のキバナコスモスと蝶などを見ていただきましたが、今回で終わりです。帰り間際に現れたオオスカシバです。写しても写しても翅を綺麗に写せないことが多いのですが、ここでは透明な翅を綺麗に写すことができたのが良かったです。
e0255509_20212445.jpg
e0255509_20215086.jpg
e0255509_2022688.jpg
e0255509_20222068.jpg
e0255509_20223687.jpg
e0255509_20225343.jpg
e0255509_2023633.jpg
e0255509_20235836.jpg
 普通のコスモスも少し咲いていました。
e0255509_20233440.jpg


オミナエシにはアオスジアゲハがいて、イチモンジセセリはたくさんいました。
e0255509_20251247.jpg
e0255509_20252769.jpg


 ムクゲ
e0255509_2026097.jpg
e0255509_20261227.jpg


サンゴジュの実が真っ赤に色づき、スズメがいましたが、実を食べるのでしょうか。
e0255509_20271243.jpg
e0255509_20272436.jpg




 
by koneko3y | 2018-08-22 20:33 | 季節の花便り | Comments(10)
コメントはお気軽に♪
2018年 08月 21日
キバナコスモスと蝶たちと、猫
・ 浜離宮恩賜庭園で③ ・
 今回はアゲハ、モンシロチョウ、イチモンジセセリなどです。
花から花へとせわしなく飛び回っている蝶たちですが、キバナコスモスがたくさん咲いているので、失敗しても何度も写す機会がありました。
e0255509_2037094.jpg
e0255509_20371864.jpg
e0255509_20375467.jpg
e0255509_20381046.jpg
e0255509_20382866.jpg
e0255509_20384695.jpg
e0255509_2039188.jpg
e0255509_20391427.jpg

e0255509_20393661.jpg
e0255509_20395211.jpg

e0255509_2040865.jpg
e0255509_20402129.jpg

 ビルとビルの間から東京タワーが見えました。池の方まで行くともっと良く見えますが、今回は行きませんでした。
e0255509_20405992.jpg
 こんな都会の真ん中の公園にも猫数匹が居ついているようです。
e0255509_20423060.jpg
e0255509_20424183.jpg
e0255509_20425421.jpg




 
by koneko3y | 2018-08-21 20:45 | 季節の花便り | Comments(12)
コメントはお気軽に♪