散歩道の季節の花写真
by 子猫
最新のコメント
おはようございます、平林..
by kawa1210 at 05:06
とても素晴らしい所ですね..
by shizenkaze at 23:40
カエデの紅葉と古めかしい..
by h6928 at 22:21
★ 270918 さんへ..
by koneko3y at 21:15
★ none33 さんへ..
by koneko3y at 21:13
★ asayannj さ..
by koneko3y at 21:11
こんばんは~ 東京は大..
by 270918 at 17:03
ここの紅葉も色さまざま、..
by none33 at 14:40
由緒のある庭園巡りされて..
by asayannj at 14:27
★ shizenkaze..
by koneko3y at 13:51
カテゴリ
↓「子猫の写真館」
私のブログとHP
「子猫の迷い道」

「子猫の迷い道Ⅱ」

「子猫の散歩道」

「子猫のかくれんぼ」
「子猫の自習室」
HP「子猫の季節花巡り」
  
  
子猫のデジブック

掲示板:子猫の季節
子猫宛メール

素材借りてます
リンク









・・・・・
以前の記事
タグ
検索
ファン
ブログジャンル
2018年 10月 30日
アサギマダラに会いに。アカソバも見ごろ
・ アサギマダラ ・
 待っていても自宅近くでは会えない蝶なので、武蔵丘陵森林公園へ会いに行って来ました。必ず出会いがあるとは限りませんが、期待に胸を膨らませて南口からせっせと歩きました。
「秋の七草園」に着くと、フジバカマのところでおじさんが一人カメラを向けていたので、「いる!」と確信しました。5頭はいなかったと思いますが、私には数よりも出会えたことが嬉しかったです。
e0255509_2084136.jpg
e0255509_2091851.jpg
e0255509_2093773.jpg
e0255509_2095478.jpg
e0255509_201012100.jpg
e0255509_20102756.jpg
e0255509_20104382.jpg
e0255509_2011218.jpg
e0255509_20111834.jpg
今年も翅をつまんでみました。全くじたばたしないおとなしい蝶です。

・ ウモウゲイトウと、アカソバ ・
 ウモウゲイトウは台風24号のため、倒れているところが多かったですが、遠目にはまだ綺麗でした。
e0255509_20133534.jpg
e0255509_20135040.jpg
e0255509_201441.jpg
 ウモウゲイトウ畑のすぐ横にアカソバが咲いていました。冷え込むと色の鮮やかさが増してくるそうです。今年はウモウゲイトウの畑を拡大したので、アカソバは小規模でした。
e0255509_20164124.jpg
e0255509_201708.jpg
e0255509_20171590.jpg
e0255509_20173017.jpg
e0255509_20194397.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-30 20:21 | 季節の花便り | Comments(20)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 29日
カボチャをたくさん写していました。
・ ハロウィン ・
 9月に入ると、行く先々でハロウィンの飾りつけが多くなっていました。
散歩コースをはじめ各地で写していたカボチャたちを一挙公開します。

武蔵丘陵森林公園で
e0255509_20252120.jpg
e0255509_20272393.jpg
e0255509_20275131.jpg
魔女に近づくと大きな声で脅かされます。
e0255509_2025438.jpg


夢の島熱帯植物館で
e0255509_20291870.jpg
e0255509_20293428.jpg


日比谷公園で
e0255509_20301533.jpg


いつもの散歩コースのバラ園で
e0255509_2031333.jpg
e0255509_20312975.jpg
e0255509_2031475.jpg
e0255509_2032686.jpg
e0255509_20322912.jpg
e0255509_20324414.jpg


ショッピングセンターでは仮装した子供達の行列がやってきました。
e0255509_20333295.jpg
e0255509_20485912.jpg


広場では「魔女の宅急便のキキ風 魔女っ子」の衣装を着た女の子ががいました。
なかなか箒にまたがってくれません。お母さん達は写真を撮るのに一生懸命でした。
e0255509_20364495.jpg
e0255509_20365768.jpg
 ハロウィンの発祥の起源は諸説あるそうですが、もともと、アイルランドのケルト人の行事でした。ケルト人の1年の始まりは、11月1日からで10月31日までが1年間でした。大晦日にあたる10月31日の夜に先祖の霊が家族に会いに戻ってくると信じられていました。
しかし、悪霊も一緒にやって来て、作物に悪い影響を与えたり、子どもをさらったり、現世の人間たちに悪いことをするといわれていました。そこで人々は悪霊を驚かせて追い払うことを思いつき、仮面をかぶったり、仮装をしたり、魔除けの焚き火を行ったといわれます。

 目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタン「ジャック・オー・ランタン」は、もともとは株だったそうですが、アメリカに伝わった時に手に入りやすいカボチャに変わりました。

日本での始まりは原宿で、キディランド主催で100人くらいの仮装が始まりだそうです。
10月31日は、あの世とこの世を繋ぐ日…でした。




 
by koneko3y | 2018-10-29 20:50 | イベント | Comments(18)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 28日
都会のスズメの行水
・ スズメ ・
 昨日の和田倉噴水公園で噴水の写真を撮るために1時間も待ったのですが、その間噴水でスズメが行水しては、近くの木に一斉に移動しては、また水浴びにやってくるを繰り返していました。その光景を写しながら時間の経つのを待っていました。
面白くてたくさん写してしまいました。
e0255509_2010209.jpg
e0255509_20103628.jpg
e0255509_20104945.jpg
e0255509_2011487.jpg
e0255509_20111857.jpg
e0255509_20112921.jpg
e0255509_20114290.jpg
e0255509_20115584.jpg
e0255509_2012835.jpg
e0255509_20122353.jpg
e0255509_20123642.jpg


和田倉噴水公園でスズメと噴水を写したあとは、日比谷公園でもスズメを写しました。
e0255509_20132576.jpg
e0255509_20134025.jpg
e0255509_20135556.jpg
e0255509_2014720.jpg
e0255509_20142091.jpg
e0255509_20143521.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-28 20:16 | Comments(18)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 27日
和田倉噴水公園の風景
・ 和田倉噴水公園で ・
 和田倉噴水公園ではかなり前に見たきり、噴水があがっているのを長い間見ていませんでした。止めているのかと思っていたのですが、先日2回目の皇居での信任状捧呈式の馬車列を見たあと、東京駅に向かっている時に横断歩道の手前で、噴水があがっているのが見えたので、青信号に変わってから大急ぎで渡りましたが、タイミングを合わせたかのように終わってしまいました。

木々の間に見えるのは皇居の巽櫓です。この巽櫓を背にして信号待ちしていました。
e0255509_20424583.jpg
 噴水が終わってしまい、静かな池です。
左側に見えるのは休憩所(情報コーナー、レストハウス)です。
e0255509_20465112.jpg
 和田倉噴水公園は、昭和36年に今上天皇の御結婚を記念して創建された大噴水を、平成5年6月の皇太子殿下徳仁親王と雅子妃殿下の御結婚を機に、「継続と新たな発展」をテーマに再整備し、平成7年6月に完成しました。大噴水と新噴水公園の施設の一部は、民間資金により整備され、寄附されたものだそうです。
e0255509_20524016.jpg
 噴水が噴き上がっていた時間がちょうど15時くらいだったので、30分くらいしたら再度噴き上がるのかもと思って待つことにしました。30分待っても始まらずもう30分経っても吹き上がらなかったらあきらめようと思って待つことさらに30分。

新たに整備された噴水に動きがありました。
噴水などの各施設のデザインテーマもご紹介します(一般財団法人公園協会のHPより拝借)

球体噴水・・・水が形づくる球体。
それは地球、それは心。生きとし、生けるものの永遠の営みを表します。
e0255509_2058194.jpg
e0255509_2114263.jpg
滝(源流)・・・息吹。
荘厳に流れ落ちる水は、あふれ出る生命の息吹。夢、希望、そして躍動へのプロローグを表現しています。
e0255509_20594545.jpg
架け橋・・・希望
新たな地平へ、未知の世界へ。輝くガラスの橋は今日から明日への夢を育む希望の架け橋を意味します。
e0255509_211097.jpg
せせらぎ(流水)・・・予感
時に激しく、時にたおやかに悠久のときを刻む流れは、やがて到着する未知への世界へ大いなる予感を抱き未来へと進みます。
e0255509_2121177.jpg
1時間待って、やっと大噴水が動き出しました。
大噴水・・・再生
鏡のような水面の静、ほとばしる水の動。再生された大噴水は、今を映し、歴史を語ります。
e0255509_214258.jpg
e0255509_2143015.jpg
e0255509_2145954.jpg
e0255509_2152415.jpg
e0255509_2155046.jpg
e0255509_2161536.jpg
噴水の高さは8.5mほどだそうです。
e0255509_2162972.jpg
背景はパレスホテルです。
e0255509_216599.jpg
e0255509_217211.jpg
 信任状捧呈式の馬車列の思い描いた構図は写したかなと思っていたのですが、この噴水の水面を見ているうちに、映りこむ背景の行幸通りを通る馬車列を写せるような気がしてきました。もう一度くらいチャレンジしてみたくなりました。次回はいつかな・・・・。
e0255509_21141120.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-27 21:32 | Comments(14)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 26日
雨上がりの散歩道で、キセキレイとバラ
・ キセキレイ ・
 1週間ほど前の雨上がりの散歩道の池でキセキレイを見ました。キセキレイは一年に一度見られたら、ラッキーと思うほど散歩道では珍しい鳥です。
e0255509_20522052.jpg
e0255509_20524299.jpg
e0255509_20531474.jpg
e0255509_20533036.jpg
e0255509_20534488.jpg
e0255509_2053575.jpg


また銀杏並木での水たまりで写してみました。
e0255509_20545484.jpg
小さな水たまりとの境界線をなくすためには腹ばいにでもならないとダメかもと、これ以上は私には無理でした。
e0255509_20555966.jpg
芝生広場にできた水たまりでも写してみました。水たまりに枯れ葉などが落ちているので鏡のようにはいきませんが、たまにはこんな写真も楽しく思いました。
e0255509_20573092.jpg
e0255509_20575111.jpg

こっちの水たまりではハトが水を飲んでいました。
e0255509_2059187.jpg


バラも綺麗に見事に咲いていて、たくさん撮影していますが。今日は少しだけ。
e0255509_2101259.jpg
e0255509_2102618.jpg
e0255509_2103925.jpg
e0255509_2105142.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-26 21:02 | 散歩道で | Comments(20)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 25日
昭和記念公園のコスモス・イエローキャンパス
・ コスモス・イエローキャンパス ・
 昭和記念公園のコスモス畑は三ヵ所あり、最初は「原っぱ東花畑」のコスモス・レモンブライトでした。そのあとは昨日の花の丘のコスモス・センセーション。最後にこの「原っぱ西花畑」のキャンパスシリーズです。

オレンジキャンパス
e0255509_20353669.jpg
e0255509_20361185.jpg
e0255509_20362872.jpg
イエローキャンパス
e0255509_2037883.jpg
e0255509_20372591.jpg
e0255509_20374451.jpg
e0255509_20375985.jpg
小学生が大勢引率されてやってきました。赤い帽子、白い帽子が可愛いです。
e0255509_20392117.jpg
e0255509_20393739.jpg
e0255509_20395634.jpg
e0255509_2040141.jpg
e0255509_20402985.jpg
e0255509_20425426.jpg
e0255509_2043721.jpg
e0255509_20431868.jpg
e0255509_20433097.jpg
e0255509_20434638.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-25 20:50 | 季節の花便り | Comments(10)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 24日
昭和記念公園花の丘のコスモス
・ コスモス ・
 先週見てきました。花の丘のコスモスは台風24号の影響で倒れ、草丈が低くなっていましたが、立ち直って咲いていました。それでもいつもの年とは見劣りがした感じです。

10/28日には花の丘で花摘み体験があり、花の丘のコスモスは終わりになります。
e0255509_20445826.jpg
e0255509_20451683.jpg
e0255509_2045396.jpg
e0255509_20455984.jpg
e0255509_20462833.jpg
e0255509_20465067.jpg
e0255509_20471319.jpg
e0255509_20472899.jpg
e0255509_20475358.jpg
e0255509_2048929.jpg
e0255509_20482862.jpg
e0255509_20485091.jpg
 今年はホシホウジャクにはよく出会います。
e0255509_20492284.jpg
e0255509_20494048.jpg
 こもれびの里の古民家とコスモス
e0255509_20503081.jpg

次回は「原っぱ西花畑」の「キャンパスシリーズ」を見てください。




 
by koneko3y | 2018-10-24 20:57 | 季節の花便り | Comments(18)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 23日
和田倉門守衛所跡と、日比谷公園のバラなど
・ 和田倉門守衛所跡 ・
 東京駅丸の内口から皇居に向かって広い行幸通りを歩いていくと、目に入るのが、この和田倉門守衛所跡です。いつ建てられたのか調べましたが、明治とか昭和とか詳細はわかりませんでした。
 馬場崎濠と日比谷濠の境をまたぐ橋のたもとにある三角屋根の建物が「和田倉門守衛所跡」です。対になっています。重厚感があります。
e0255509_20523620.jpg
e0255509_2053575.jpg
e0255509_20532592.jpg
e0255509_2054051.jpg
e0255509_20541657.jpg


・ チェリーガーデン(旧日比谷公園管理事務所) ・
 旧日比谷公園管理事務所は、日本最初の様式公園だった日比谷公園の管理事務所として、明治4年に建てられました。昭和51年に公苑資料館として使用するために内部を改装したそうですが、外観の変更はわずかで旧態をとどめているそうです。様式の日比谷公園にふさわしいように設計されたドイツ・バンガロー風の瀟洒な建物は明治期の数少ない近代洋風建築のひとつとして貴重なものだそうです。

現在は結婚式場としても使われています。
e0255509_212152.jpg
e0255509_2122758.jpg
e0255509_2124723.jpg
e0255509_213881.jpg


・ 日比谷公園のバラ ・
 上京して仕事仲間の友達と二人で初めて日比谷公園に連れて行ってもらいました。右も左もわからないおのぼりさんでした。その時日比谷公園の綺麗さと、バラに感動したことは〇十年も経っているのに、ついこの前のようです。
e0255509_2181181.jpg
e0255509_2182681.jpg
e0255509_2184354.jpg
e0255509_2185733.jpg
e0255509_2191314.jpg
e0255509_2192829.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-23 21:12 | 季節の花便り | Comments(16)
コメントはお気軽に♪
2018年 10月 22日
川越まつり山車行事
・ 川越まつり ・
 10月20日、21日に開催された川越まつりは「川越氷川神社の山車行事として平成17年2月、国の重要無形民俗文化財に指定され、平成28年12月「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。川越には調べて見ると山車が29基あるようなのですが、今年は19基巡行しました。
e0255509_20221230.jpg
 駅から続く商店街のクレアモールは、混雑するので、う回路を使いましたが、本川越駅に着く前からものすごい人出で、これまでの経験上では一番の混みようでした。電線が埋設されている蔵造の町並みを背景にすっきり写したかったので人の流れについて行ったつもりが、本川越駅でもう身動きができない状態になりました。
 
 やっとのことで蔵造の町並みの入り口に着いた時には身動きさえできない状態になってしまい、前にも後にも横にも移動できず、山車が動いた時にやっとのことで脱出して、それより先に進むのは諦めました。

人垣の中から背伸びして、手を上に伸ばしてやっと写した写真なので、見苦しいと思いますが、雰囲気だけでも感じていただけたらと思います。
e0255509_20235216.jpg
e0255509_20244266.jpg
e0255509_2024553.jpg
e0255509_20253559.jpg
e0255509_20254847.jpg
e0255509_20261798.jpg
e0255509_20263024.jpg
e0255509_2026454.jpg
e0255509_20271698.jpg
e0255509_20274242.jpg
e0255509_2028131.jpg
e0255509_202829100.jpg
e0255509_20285155.jpg
e0255509_2029397.jpg
 暗くなると提灯を下げて夜の曳っかわせでまつりも最高潮に盛り上がりますが、とてもそこまでの元気はありません。
e0255509_20344838.jpg
 帰りの駅に向かう時にどしどしと祭り会場にやってくる人たちは、人にもまれてどこまで進めるかしらと思い気の毒になりました。
e0255509_20391977.jpg
 駅近くの複合施設の入り口で17時のからくり時計は「川越まつりの山車」仕様になっていました。祭囃子に送られて、ほうほうのていで帰宅しました。
e0255509_20342812.jpg




 
by koneko3y | 2018-10-22 20:43 | イベント | Comments(20)
コメントはお気軽に♪