人気ブログランキング |

散歩道の季節の花写真
by 子猫
最新のコメント
芍薬は牡丹より優しいよう..
by shizenkaze at 23:45
綺麗な花写真に見ほれまし..
by yaso-bana at 22:43
シャクヤクも今やいろんな..
by h6928 at 22:10
★ yukiusagi_..
by koneko3y at 20:54
★ none33 さんへ..
by koneko3y at 20:51
★ tenpousen6..
by koneko3y at 20:49
★ sakura6012..
by koneko3y at 20:47
★ shizenkaze..
by koneko3y at 20:44
★h6928さんへ  ..
by koneko3y at 20:42
アゲハの写真、 あまり..
by yukiusagi_syakuna at 18:05
カテゴリ
↓「子猫の写真館」
私のブログとHP
「子猫の迷い道」

「子猫の迷い道Ⅱ」

「子猫の散歩道」

「子猫のかくれんぼ」
「子猫の自習室」
HP「子猫の季節花巡り」
  
  
子猫のデジブック
  〈削除済みです)


掲示板:子猫の季節

素材借りてます
リンク









・・・・・
以前の記事
タグ
検索
ファン
ブログジャンル
2019年 05月 03日
ボタン、ホタルカズラ、マイヅルソウ、蝶など散歩道で
・ ボタン ・
 今年初めてボタンの花を見てからひと月ほどになりますが、開花時期は場所により
かなり違っています。今日のボタンは散歩道で見た花です。
少し見ごろが過ぎてしまいました。
e0255509_20231901.jpg
e0255509_20232064.jpg
e0255509_20231970.jpg
e0255509_20245691.jpg
e0255509_20245635.jpg
e0255509_20254659.jpg


・ ホタルカズラ ・
 中心の白い部分は盛り上がっています。
e0255509_20301373.jpg
e0255509_20301438.jpg
e0255509_20301334.jpg


・ マイヅルソウ ・
e0255509_20325268.jpg
e0255509_20325200.jpg
e0255509_20325295.jpg
e0255509_20335037.jpg


・ ツバメシジミ ・
e0255509_20354205.jpg
e0255509_20354217.jpg
e0255509_20354244.jpg





 

by koneko3y | 2019-05-03 20:50 | Comments(12)
コメントはお気軽に♪
2019年 04月 25日
八芳園で
・ 八芳園 ・
 港区白金台の自然教育園に行った時に、月曜日でもないのに、休園となっていたのですが、ただとんぼ返りするのでは、無駄足となるので、近くに「八方園」があるのを思い出し、行って見ることしました。
大分前のことですが、このまま「令和」に写真を持ち越すことはやめようと思いました。

入口のところにいた方に声をかけて、中に入らせてもらいました。
e0255509_20333291.jpg
白線の上を歩いて行って下さいと言われたので、しばらく歩くと木戸がありました。
e0255509_20345319.jpg
ここからが日本庭園です。
e0255509_20351837.jpg
江戸時代前期には園の一部が譜代の江戸幕府旗本・大久保忠教(彦左衛門)の屋敷地でした。その後薩摩藩の抱屋敷、島津氏(松平薩摩守)の下屋敷を経て、明治時代に渋沢喜作(渋沢栄一の従兄)の手に渡りました。
美しく整備された庭では、樹齢が数百年の樹木や、鯉のいる池、桜の木、紅葉などを愛でることができ、四季を感じる最高のスポットとなっています。
e0255509_20431296.jpg
e0255509_20415676.jpg
e0255509_2044196.jpg
e0255509_2043382.jpg
e0255509_20443381.jpg
池にはニシキゴイがたくさん泳いでいます。
e0255509_2045593.jpg
e0255509_20451829.jpg
ニシキゴイが跳ねました。
e0255509_2046038.jpg
e0255509_20462254.jpg
 幸せカップルが何組もいました。
e0255509_20472937.jpg
e0255509_20474385.jpg
 白鳳館
e0255509_2048114.jpg
 チャペル
e0255509_20482351.jpg
 桜の開花も少ししか咲いておらず遅れていた頃だったので彩りがないですが、椿やアセビが見られました。
初めて行った場所ですが、季節を変えて、行って見たい場所になりました。
e0255509_2050376.jpg

 八芳園に入る正面左側に「古地老稲荷神社」があります。
明和9年(1772年)、目黒行人坂の大円寺より出火した火災により周辺一帯が大きな被害を受け人々の心理に不安感を植え付け、これを宗教的な解決策で解消する試みが提案されました。文政12年(1829年)、本神社の前身である古地郎稲荷が日吉坂上に設置されました。

 設置後は周辺地域に火事が起こらなくなるという偶然が起こり、これが同神社の霊験として住民に理解されるようになり、その後火伏せの稲荷として見なされるようになったそうです。
e0255509_2052411.jpg




 
by koneko3y | 2019-04-25 21:01 | Comments(20)
コメントはお気軽に♪
2019年 04月 22日
4月撮影分からツグミ、イソヒヨドリなど
桜を追いかけている間に4月に写したものがたくさんそのままになっています。今日はお台場海浜公園でチューリップを見に行った時の写真などです。

・ ツグミと、スズメ ・
e0255509_20495169.jpg
e0255509_20502115.jpg
e0255509_20504866.jpg
e0255509_20514318.jpg
e0255509_20521211.jpg

・ イソヒヨドリ ・
 向こうの道路際のガード付近で何かちょろちょろしていました。昨年我家にやってきたことで何となくイソヒヨドリだとわかりました。とても小さかったのを拡大しました。
e0255509_20551515.jpg

・ ゲンペイシダレモモ ・
e0255509_2056114.jpg
e0255509_20561534.jpg
e0255509_20563163.jpg
e0255509_20564560.jpg
e0255509_20571936.gif

・ 初めて見た桜 ・
 フジザクラ・・・見沼グリーンセンターで見ました。豆桜でとても小さい花です。
e0255509_20583147.jpg
e0255509_20585479.jpg

 苔清水・・・散歩道で台風などで倒れた木を伐採したあとに新たに植えられました。
e0255509_2102721.jpg
e0255509_211412.jpg

・ シジュウカラ ・
 丸いのは梅の実です。
e0255509_2123133.jpg
e0255509_2124615.jpg




 
by koneko3y | 2019-04-22 21:36 | Comments(16)
コメントはお気軽に♪
2019年 03月 29日
初めての「京王百草園」で
・ 京王百草園 ・
 京王百草園に行ったのは賑わった梅まつりも終わり、すっかり静かになったころです。
今ここでアップしないとお蔵入りになってしまうし、見ていただきたいと思います。
毎年何カ所かは今まで訪れたことのなかった場所へ行って見ようと思っての京王百草園行きでした。

ほんの少し、東屋あたりに梅の花が残っていました。
e0255509_20224866.jpg
入り口付近でカタクリは咲き始めたばかりとのことで係りの人が訪れた人に踏まれたりしないように囲いを作ろうかと話し合っているところでした。
e0255509_20443093.jpg
茅葺屋根の松蓮庵
e0255509_20243370.jpg
松蓮庵の前の寿昌梅
花はすっかり終わっていたので、迫力のある幹を写しました。小田原城主大久保侯室寿昌院慈岳元長尼が徳川家康長男・岡崎三郎信康追悼のために植樹したと伝えられています。
e0255509_2032399.jpg
心字池
e0255509_20323689.jpg
ケイオウザクラ
シナミザクラとコヒガンザクラ、またはカンヒザクラとの雑種と言われています。
e0255509_20341792.jpg
e0255509_20343114.jpg
京王線百草駅から徒歩15分くらい歩きました。お友達をお花見に誘っても良いかなと下見も兼ねていましたが、途中半端ない急坂の連続で、足の具合が良くない人には無理だと思いました。隣の聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅からタクシ―が良さそうです。
e0255509_20392554.jpg
ここまでくるとあと少しです。
e0255509_2114473.jpg
百草園内も少し上がるとあまり人の手を加えていないような自然の小山という感じです。
高台になっているところからは美しい風景が見られました。
e0255509_20425527.jpg
帰りに出口に向かう通路も急坂です。
e0255509_20452739.jpg
帰りは下り坂なので楽でした。途中ツクシを見つけ、滅多に見られないので写してきました。
e0255509_20463675.jpg
初めてなので、歴史も紹介します。
平安時代末期から鎌倉時代にかけて、鎌倉幕府の護願寺であった真慈悲寺が百草地区一帯に有ったと推定されています。その後当地に松蓮寺という寺院が建立されました。明治6年(1873年)廃仏殷釈により廃寺となりました。明治20年(1887年)青木角蔵氏が買い取り、庭園工事をして「百草園」として一般に公開しました。昭和42年(1957年)京王電鉄の所有となりました。
これまで行った事はありませんでしたが、高幡不動にはたまに行くので、ひと駅違いならこれからもついでに行けるなと思いました。
e0255509_21172150.gif

・ 今日の桜写真 ・
撮影日2019.3.28 
散歩道でヤマザクラ
e0255509_2047482.jpg
e0255509_204813.jpg
片側2車線の道路の中央分離帯が今の時期はビオラとチューリップで色鮮やかで今年も見ごろになりました。真ん中に止まっては写せないので、花壇の始まりの部分だけ歩道寄りだったので、オオシマザクラと一緒に写してきました。
e0255509_20525832.jpg




 
by koneko3y | 2019-03-29 21:09 | Comments(12)
コメントはお気軽に♪
2019年 03月 07日
葛西海浜公園でスズガモと、コサギ
・ 葛西臨海公園 ・
 葛西臨海公園から、なぎさ橋を渡ると「葛西海浜公園」になります。
最初に葛西臨海公園から海を眺めて、コサギやヒドリガモなどを写しました。

コサギ
e0255509_20493344.jpg
e0255509_20495736.jpg
e0255509_20501522.jpg
e0255509_20504077.jpg

ヒドリガモ
e0255509_2051232.jpg

ハジロカイツブリ
e0255509_20515110.jpg

カンムリカイツブリ
e0255509_20522338.jpg


ゲートブリッジの方向を写していると、「葛西海浜公園」の砂浜にたくさんの鳥がいるのが見えました。「葛西臨海公園」と、「葛西海浜公園」はなぎさ橋でつながっています。
この鳥の正体と、クロツラヘラサギが、もしかしたら見られるかもしれないと思い、なぎさ橋を渡って「葛西海浜公園」にも行きました。
e0255509_20562997.jpg

・ 葛西海浜公園 ・
 ついた時刻には干潮になっていたので、普段は海水で踏み入ることのできない場所で男性が自撮りで撮影をしていました。
e0255509_2101853.jpg
 私が葛西海浜公園から、葛西臨海公園に戻るころには男性が立っていた場所は海水が満たしていました。
e0255509_2113316.jpg
 小さく写っていた鳥のところに一番近づけたところで一枚
e0255509_2141350.jpg


スズガモ
ズームして写したものを帰宅して調べるとスズガモのようです。11月頃には何千羽もいたのですが、沖の方に黒い筋状に見えるだけ、遠すぎて写すことはできませんでした。
スズガモのメスはクチバシの後ろに白斑があります。
e0255509_2185393.jpg
e0255509_219713.jpg


たまにしか見られない海、綺麗でした。
e0255509_2195026.jpg
e0255509_2110234.jpg


・ ウメ ・
 葛西臨海公園の紅白の梅です。
e0255509_21114149.jpg
e0255509_21485967.jpg




 
by koneko3y | 2019-03-07 21:45 | Comments(10)
コメントはお気軽に♪
2019年 03月 06日
初めてのオオジュリン。
・ オオジュリン ・
 少し前になります。キクイタダキと、ルリビタキ〈メス)がいると聞いたので、先月下旬に葛西臨海公園に行った時のオオジュリンです。キクイタダキも、ルリビタキもそんなに簡単に出会えることはなかったです。じっと待っているおじさん達を横目に違う場所へ行きました。

池のほとりで写したオオジュリンです。初めてだったのでたくさん写しました。
e0255509_20364912.jpg
e0255509_20371212.jpg
e0255509_20373038.jpg
e0255509_2037494.jpg
e0255509_2038551.jpg
e0255509_20382044.jpg
e0255509_20384423.jpg
e0255509_2039061.jpg
e0255509_20392142.jpg
e0255509_20393824.jpg
e0255509_20395134.jpg
e0255509_20403890.jpg
e0255509_2041653.jpg

・ カワヅサクラ ・
 葛西臨海公園では、まだ咲き始めたばかりのカワヅサクラでした。満開になる頃にもう一度行こうと思っていましたが、行かれずにいます。
e0255509_20421449.jpg
e0255509_20422789.jpg




 
by koneko3y | 2019-03-06 20:45 | Comments(18)
コメントはお気軽に♪
2019年 03月 01日
鴻巣びっくりひな祭り2019へ
・ 鴻巣びっくりひな祭り2019 ・
 今日から3月、春です。今頃の季節になると毎年どこかで「びっくりひな祭り」を見たいなぁと考えていましたが、これまでは考えただけでした。今年は見ておきたいと思う気持ちが強くなったので、2/26日に行ってきました。
鴻巣駅で電車から降り改札口に向かうと、等身大の花で飾られたお雛さまが迎えてくれました。
e0255509_20364585.jpg
e0255509_2037531.jpg
e0255509_20371754.jpg
 今年で15回目です。駅中心に5カ所の会場があり、無料巡回バス「ひなめぐり号」も運行されていましたが、メイン会場のショッピングモール「elumiこうのす」だけを見ました。

ひな人形で飾る日本一高いピラミッドひな壇です。ひな壇は31段約7mの高さで人形は1830体だそうです。
e0255509_20422724.jpg
e0255509_2043716.jpg
e0255509_2163135.jpg
 頂上付近がどうなっているのか写してみました。
e0255509_20434526.jpg
e0255509_20435730.jpg
 鴻巣のひな人形は、寛永年間(1624年~1643年)に日光東照宮の造営に係わった京の人形師・藤原吉圀が鴻巣の上谷新田(現在の人形町)に住みついたのが始まりです。江戸時代の中期以降は、着物の着付けでは関東一という評判で、江戸の職人たちは競って鴻巣に修行にやってきたといわれています。
「人形の町」というと岩槻が有名ですが、明治35年発行の『埼玉県営業便覧』では越谷6軒、大沢(現在の越谷市大沢)3軒、岩槻3軒、鴻巣30軒とあり、鴻巣が人形製造で栄えていたかがわかります。

ひな段の下に飾られているお人形たちもびっしりと飾られています。
e0255509_2051183.jpg
e0255509_20512071.jpg
ショッピングモールの入り口付近には竹筒に入っている愛らしい表情のお人形が展示されています。
e0255509_20521864.jpg
e0255509_20523153.jpg
e0255509_20524583.jpg
e0255509_2053121.jpg
e0255509_20531431.jpg




 
by koneko3y | 2019-03-01 21:07 | Comments(13)
コメントはお気軽に♪
2019年 02月 17日
散歩道で冬のバラと野鳥シメ。ムニンシャシャンボ
・ 冬のバラ ・
 散歩コースのバラ園ではバラが咲いています。
剪定もされているのですが、いつまで咲くつもり?
e0255509_20372337.jpg
e0255509_2037121.jpg
e0255509_20374628.jpg
e0255509_2038739.jpg
e0255509_20383021.jpg
e0255509_2038473.jpg

 ・ シメ ・
 一枚目、首をかしげて強面のシメが可愛らしく撮れたかなと思いました。
e0255509_20415373.jpg
e0255509_2042722.jpg
e0255509_20422027.jpg

 ・ シロハラ ・
e0255509_2043276.jpg

e0255509_20505495.gif

・ 新宿御苑温室の花‐3 
 葉をすっかり落としたプラタナス並木は白い幹と枝が独特な形です。
e0255509_2046321.jpg
e0255509_20461654.jpg

新宿御苑大温室の花をもう少し。
ムニンシャシャンボ
e0255509_2047364.jpg

ベニバナクサギ
e0255509_20472552.jpg

プセウデランテムム・ラクシフロル
e0255509_2048242.jpg

新宿御苑の大温室には多くの植物が見られ、他にも写してありますが、今回で一旦終わります。また次の機会に。




 
by koneko3y | 2019-02-17 20:54 | Comments(12)
コメントはお気軽に♪
2019年 02月 16日
新宿御苑大温室の花⁻2
温室に行けばそれほど珍しい花ではありませんが、今回写してきた熱帯の花たちです。屋外では花の少ない時期でも、温室内では多くの綺麗な植物を見られるのは嬉しいことです。

グズマニア
e0255509_20234081.jpg
アンスリウム〈オオベニウチワ)
美しく着色するのは仏炎苞と呼ばれる部分で、花はひも状の部分(肉穂花序)に多数つき、小さくて目立ちません。
e0255509_20252623.jpg
e0255509_20253946.jpg

オカメウチワ(フロリブンドゥム)
白い苞が反り返ります。小さい花でスパティフィラムの一種です。
e0255509_20263142.jpg

スパティヒラムは下の写真です。今回は咲いていなかったので、昨年5月に写した花です。
e0255509_2047484.jpg

シンニンギア
e0255509_20265425.jpg

ウナヅキヒメフヨウ
e0255509_20272445.jpg

ハナキリン
e0255509_2027497.jpg

インドジャボク
小さくて白い花が咲きます。インドジャボクは常緑の低木で、樹高15~45cm程度ですが、1メートルくらいに伸びることもあるそうです。
e0255509_20282999.jpg

パキスタスルテア
e0255509_20285430.jpg

ミッキーマウスノキ
e0255509_20292525.jpg

ツンベルギア
e0255509_20295160.jpg

ニオイバンマツリ
花は咲き始め濃い紫色で、次第に薄い紫色、最後は白色になります。
e0255509_20301115.jpg

アカバナナ
e0255509_20303380.jpg


水仙のホワイトペーパーが咲く風景
e0255509_20312550.jpg
e0255509_20313845.jpg




 
by koneko3y | 2019-02-16 20:54 | Comments(7)
コメントはお気軽に♪